とってもわかりやすい自閉症のページ:自閉症という障害について、できるだけわかりやすく書いてみました。

ホーム > 参考文献について > 参考文献

参考文献

ここから続き

参考文献について

最初に自閉症を知ったのは、学生時代の“教育心理学”の講義。一例として。自分の排泄物を几帳面にゆかのすみからすみまで塗りつける子、というのを教わったのを覚えています。

そのあとはちびごんに自閉症の疑いがあり、と、保健婦さんに言われたとき。いろんな本を読みました。そして、障害が確定してからは、専門家の先生の話を聞いたり、本を読んだり。沢山の自閉症の人たちとも出会いました。

ですから、どれが参考文献?とあらためて聞かれると、どれだろう?と考えてしまいます。読んだすべての本、というのが正しいのでしょう(これって違うのでは?と思った本も含めて)

2007年08月15日 16:00更新

自閉症の特徴一覧
とってもわかりやすい自閉症のページTOP

【PR】